視覚障害者の仕事といえば多くが鍼灸師やマッサージ師だった。そんな現状を変えたいと視覚障害のあるナレーターが多数所属する事務所「みみよみ」を立ち上げたのが荒牧友佳理さん。全盲の両親のもとで育った荒牧さんは視覚障害者の声はちゃんと伝えようという思いがこもってとてもきれいに聞こえると気がついた。文章を点字に変換する装置を使ってナレーションを読んでもらう。誰もが自由に職業を選択できる世界を目指している。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー