渋谷の街から出る生ゴミを使って堆肥を作る取り組みが進んでいる。それを肥料にハーブを育て、抽出したオイルで石けんを作る。そんな都市部の循環社会を目指しているのが渋谷肥料の坪沼敬広さん。渋谷は華やかな街だが一方でたくさんのゴミを出している。それに着目してゴミから新たな価値を生み出そうと考えた。街の浄化にもつながると協賛企業が増え続け、商品のアイデアが続々と形になっている。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー