防寒具といえばダウンジャケット。だがその機能に匹敵する軽さと保温性を持った新しい素材が注目されている。東南アジアで生育する木の実を使った「カポックノット」。ブランドを立ち上げたのはカポックジャパンの深井喜翔さん。家業のアパレルメーカーを継ぐ時に、レザーや毛糸などではなく植物由来の持続可能性の高い素材で衣服を作れないかと考えた。ファッションを楽しみながら地球の未来を考えられる世界を目指している。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー