困っている人を助けたい。でも声をかける勇気がないという経験はありませんか。そんな人のために助けたいという意志を表すバッジやキーホルダーがある。このマゼンタ・スターという取り組みを進めるのが、エンパワープロジェクトの飯山智史さんだ。助けて欲しい人がつけるマークはあるが、助けたい人がつけることでお互いに助け合う社会を作ることができると考えた。若い人が気軽に身につけられるようにデザイン性にもこだわった。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー