火災を自動で消火してくれる画期的な建材シートがある。その「ケースモークパネル」を開発したのはヤマトプロテックの富山昇吾さん。消火器などを作る会社で研究開発をしていたが、放火など突発的な火災から人命を救う術はないかと考えた。酸素と水素が結合して延焼する火災の過程で、消火剤の原料であるカリウムを結合させるために、室温が上がると自動でカリウムを噴霧するシートを開発。火災から人命を守ることに力を尽くす。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー