仮釈放中の受刑者に農業訓練をうけてもらい社会復帰を促す取り組みが注目されている。法務省の茨城就業支援センターに勤める鈴木勇一郎さんが、地元の農家に協力してもらい野菜作りなどを教えてもらっている。実は出所しても仕事がないと再犯率が極端に高まるというデータがある。仮釈放中に半年間、農作業の訓練を受けることで実際に就農した元受刑者も少なくない。少しでも犯罪を減らすために地域一丸となって取り組んでいる。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー