これまで住宅や店舗、民間施設向けに一千点以上のステンドグラスを手掛けてきた。宇留賀が主に使うのは「吹きガラス」という手法で作られたドイツのアンティークガラス。「泡だとかシワがあったり、色のムラとか、そういったものが人間的な温かみ」という。そんな宇留賀の感性を幼い頃から育んだのが地元の多摩湖。現在、ステンドグラスで培った技術を使い、宇留賀が新たに挑戦している事とは?

東京で影響を受けた場所:『多摩湖』
https://www.tv-tokyo.co.jp/tokyokousaten/

#東京交差点 #ドキュメンタリー