経験豊かな農家が生産する美味しい農産物。ところがAIを使って経験が少なくても簡単に美味しいトマトを作ることができる画期的な仕組みが誕生した。その「トマトのKIBUN」を開発したのがプラントライフシステムズの松岡孝幸さん。自動運転に用いるAI予測技術を開発していた松岡さんは、それがトマトの栽培に使えると思いついた。就農のハードルを下げて誰もが美味しい作物を生産できれば食糧自給率の改善にもつながると考えている。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー