近代的な高層マンションが立ち並ぶ一方、一歩路地に入ると昔懐かしい雰囲気が残る中央区佃。この佃の由来を知るために訪れたのは、180年以上続く佃煮の専門店。小魚や昆布、のりなどを醤油と砂糖などで、じっくり煮詰めて作った佃煮は、江戸時代に生まれ、佃の名物となった。実はこの佃誕生には、あの江戸をつくった武将が関わっていた!?
https://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo-good/

#東京GOOD #ドキュメンタリー