現代でも商売の中心地として機能し続ける日本橋。老舗の多い土地としても知られるが、今回は創業1653年の和紙専門店を訪れる。商いの中心地として発達してきたことから、日本橋では、帳簿などに長持ちする和紙が必要だったという。当時、生活必需品は幕府によって保護されたことから、今でも多くの専門店が残されている。また日本橋で唯一残る楊枝専門店とは!?
https://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo-good/

#東京GOOD #ドキュメンタリー