一人暮らしの高齢者に部屋を貸したがらない不動産業者は多いという。孤独死や家賃滞納のリスクがあると思われているからだ。その問題を解決するために空き家をリフォーム、誰でも入居できるシェア住宅「共生ハウス」を考えたのがコミュニティネットワーク協会の渥美京子さんだ。今は新型コロナの影響で収入が減り家賃を払えずに退居せざるを得なくなった人などが入居している。 バリアフリーに改修するなど暮らしの質にもこだわった。
https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/

#SDGsファイル #ドキュメンタリー